マックス・リヒターが8時間のオーバーナイト作品「スリープ」をリリース 英国有数の現代音楽作曲家がクラシック音楽史上最長の作品を書き上げました。演奏時間8時間に及ぶ「スリープ」は、まさにリスナーを睡眠に導くことを意図しています。「それは8時間の子守唄」と同曲の作曲家マックス・リヒターは言います。 アンネ=ゾフィー・ムター - ベルリン・ナイトクラブのための最先端クラシック 巨匠ヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターが、2013年にイエロー・ラウンジに登場した時の衝撃を再現すべく、ベルリンのノイエハイマートでセンセーションを巻き起こした。その時彼女は、ドイツグラモフォンの画期的「クラシカル・ゴーズ・クラビング」シリーズ史上最大の聴衆を魅了した。 ボストン交響楽団とアンドリス・ネルソンスがドイツグラモフォンとの新たなパートナーシップを発表 この新たなレコーディング企画は、ショスタコーヴィチがスターリンやソ連と難しい関係にあった時代に作曲された作品に焦点を当てた「スターリンの影の下のショスタコーヴィチ」と名付けられたプロジェクトを皮切りに始まります。 ドイツグラモフォンがユニークな展覧会でハノーバーの博物館と提携 2015年3月20日から2016年10月31日まで、ハノーバーの歴史博物館で特別展覧会「78、45、33 - 柔らかな音色からパワフルなサウンドまで。レコードはいかに世界を制覇したか」が開催されています。 クラブシーンがコンサートホールに イエローラウンジは、コンツェルトハウス・ベルリンの協力により、クラブシーンをコンサートホールで再現するというエキサイティングな実験を試みました。ネマニャ・ラドゥロヴィチ、アリス=紗良・オット、アンドレアス・オッテンザマー、ピョートル・ベチャワ、オーラブル・アルナルズが、この日のためにドラマティックに(一時的に!)改装された名誉ある場所で演奏しました。ドイツグラモフォンが、ミリオンセラーの僧侶と共にキリスト教とユダヤ教のユニークなコラボレーションを発表します。 ドイツグラモフォンがミリオンセラー僧侶のユニークなキリスト教とユダヤ教のコラボレーションを発表 グレゴリオ聖歌アルバムが世界的ヒットとなってから7年後の今、ドイツグラモフォン(ユニバーサル・ミュージック社)がユニークなコラボレーションのミリオンセラー僧侶を披露 - ユダヤ教とキリスト教の信仰を融合する歴史的プロジェクト

ニュースレター