スティーヴ・ライヒの「ドラミング」を楽しむ 1974年に3枚組LPとしてリリースされ、今新しいユニークな資料と共に再びLPとしてリリースされる「ドラミング」は、スティーヴ・ライヒの初期の活動を象徴するレコーディングでした。ライヒが傑作のレコーディングにいたるまでの過程をご覧ください。 グスターボ・ドゥダメルとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が新しいオール・ロシアン・アルバムの制作に着手、2016年度ザルツブルグ音楽祭でプレス関連イベントやレセプションを開催予定 指揮者は、ベネズエラのエル・システマに触発されたウィーンのSuperarプロジェクトの社会的影響について語ります。 ヨハン・ヨハンソンがオルフェを披露 ゴールデングローブ賞を受賞し、オスカー、BAFTA、グラミー賞にもノミネートされた作曲家ヨハン・ヨハンソンのドイツグラモフォンからのファーストアルバムは、美的瞑想と創造のプロセスです。 ドイツグラモフォンがスウェーデン出身のヴァイオリンの奇才と契約を結ぶ 今年のヴェルビエ音楽祭出演はもちろん、一流オーケストラや指揮者とのメジャー・デビューに備える15歳のダニエル・ロザコヴィチが、イエローレーベルに加わります。 アンナ・ネトレプコが新譜「ヴェリスモ」の幕を上げる ドレスデン・ゼンパーオーパーで行われたローエングリンのエルザ役でセンセーショナルなワーグナー・デビュー(4公演のいずれも大絶賛)を果たしたアンナ・ネトレプコ(現代において最も有名なソプラノ歌手)は、ユニバーサル・ミュージックの毎年恒例となっているベルリンの「クラブ・オブ・クラシックス」セールス・コンファレンスに出席し、近々リリース予定の「ヴェリスモ」を披露、さらにアルバムのカバーアートを初公開しました。 ドイツグラモフォンの精選したプレイリストが今、アップルミュージックで入手可能に 今日から、ドイツグラモフォンのキュレーターが特別に選んだ音楽をアップルミュージックでストリーミング再生することができます。世界で最も歴史ある且つ最も信用のある音楽ブランド、ドイツグラモフォンは、アップルミュージックと共に多くの忠実なフォロワーとクラシック音楽のビギナーにとっての案内役となるでしょう。 アンドリス・ネルソンスとドイツグラモフォンがエクスクルーシブな関係を発表 今日最もカリスマ的で説得力のある指揮者のひとりとみなされているアンドリス・ネルソンスが、ドイツグラモフォンと独占契約を結びます。2016年5月19日にベルリンで行われたこの発表は、ラトヴィア人アーティストのレコーディングキャリアにおける重要な節目であり、3つの画期的プロジェクトの準備が始まることを意味します。 ボストン交響楽団、アンドリス・ネルソンス、ドイツグラモフォンがレコーディングに関する当初の合意を拡大する契約延長を発表 ボストン交響楽団、アンドリス・ネルソンス、そしてドイツグラモフォンは、ショスタコーヴィチ交響曲第5-10番(1930年代半ばから1953年にかけてのスターリン及びソ連政権と困難な関係にあった時期に作曲された作品)に焦点を当てていた当初の合意に、同作曲家による交響曲15曲の全カノンのライブ録音とムツェンスクの傑作オペラ「マクベス夫人」を加えることで、受賞歴のあるレコーディング・パートナーシップを拡大します。 ジャンルを超えて活躍するカリスマアコーディオニスト、クセーニャ・シドロワがドイツグラモフォンと独占契約を締結、イエローラベルからの見事なデビューアルバムで斬新なカルメンを披露 マネやピーター・ブルックからノボコフやニーチェまで数えきれないほどのアーティストや作家等の精鋭クリエイターらが「カルメン」から深いインスピレーションを得てきました。クセーニャ・シドロワは、ビゼー・オペラの悲劇のヒロインを再考した最新のアーティストです。 ルーファス・ウェインライトがニューアルバム「テイク・オール・マイ・ラヴ:シェイクスピアの9つのソネット」を披露 ルーファス・ウェインライトは、シェイクスピアの没後400年を記念して、俳優と歌手両方の素晴らしいパフォーマンスによるユニークな9つのソネット集をリリースします。4月22日にドイツグラモフォンからリリース予定のこのコレクションはまた、ルーファスとマリウス・デ・フリースがアルバム「ウォント」で共作して以来初のコラボレーションとなります。 ドイツグラモフォンはオスカーにノミネートされた作曲家ヨハン・ヨハンソンと契約締結 微妙なコントラストと複雑なトランスフォーメーションがヨハン・ヨハンソンの多層なサウンドワールドの中心となっています。先見の明のあるアイスランド人作曲家による芸術は、単純に分類できません。それは、ミニマリズム、新古典主義、エレクトロアコースティック、アンビエント、ドローン、ポストロック、コンテンポラリークラシックといったジャンルの枠を容易に飛び越えます。 シタールの名手アヌーシュカ・シャンカールが、ドイツグラモフォンからの新譜「ランド・オブ・ゴールド」で不公正に対する熱い叫びを奏でる アヌーシュカ・シャンカールのドイツグラモフォンからの4枚目のアルバム「ランド・オブ・ゴールド」は、戦争難民や犠牲者が経験したトラウマや不公正への心からの答えです。暗黒の時代に向けて希望のメッセージを送りつつ、その音楽は内戦、抑圧、貧困そして堪え難い苦難を逃れる人々をとらえた最近のニュース映像に触発されました。 エレーヌ・グリモー:水 エレーヌ・グリモーは、刺激的で実験的そして深い思いを寄せたドイツグラモフォンからの新譜で水の力と美を探究しています。 ソン・ジンチョが2015年、世界有数のクラシック音楽コンクールであるショパン国際ピアノコンクールで優勝 ドイツグラモフォン(DG)は、第17回ショパン国際ピアノコンクールの優勝者ソン・ジンチョのソロデビューアルバムを誇りを持って紹介します。チョは、クラシック音楽界において最も権威のある賞の1位を獲得しました。 マックス・リヒターが8時間のオーバーナイト作品「スリープ」をリリース 英国有数の現代音楽作曲家がクラシック音楽史上最長の作品を書き上げました。演奏時間8時間に及ぶ「スリープ」は、まさにリスナーを睡眠に導くことを意図しています。「それは8時間の子守唄」と同曲の作曲家マックス・リヒターは言います。 アンネ=ゾフィー・ムター - ベルリン・ナイトクラブのための最先端クラシック 巨匠ヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターが、2013年にイエロー・ラウンジに登場した時の衝撃を再現すべく、ベルリンのノイエハイマートでセンセーションを巻き起こした。その時彼女は、ドイツグラモフォンの画期的「クラシカル・ゴーズ・クラビング」シリーズ史上最大の聴衆を魅了した。 ボストン交響楽団とアンドリス・ネルソンスがドイツグラモフォンとの新たなパートナーシップを発表 この新たなレコーディング企画は、ショスタコーヴィチがスターリンやソ連と難しい関係にあった時代に作曲された作品に焦点を当てた「スターリンの影の下のショスタコーヴィチ」と名付けられたプロジェクトを皮切りに始まります。 ドイツグラモフォンがユニークな展覧会でハノーバーの博物館と提携 2015年3月20日から2016年10月31日まで、ハノーバーの歴史博物館で特別展覧会「78、45、33 - 柔らかな音色からパワフルなサウンドまで。レコードはいかに世界を制覇したか」が開催されています。 クラブシーンがコンサートホールに イエローラウンジは、コンツェルトハウス・ベルリンの協力により、クラブシーンをコンサートホールで再現するというエキサイティングな実験を試みました。ネマニャ・ラドゥロヴィチ、アリス=紗良・オット、アンドレアス・オッテンザマー、ピョートル・ベチャワ、オーラブル・アルナルズが、この日のためにドラマティックに(一時的に!)改装された名誉ある場所で演奏しました。ドイツグラモフォンが、ミリオンセラーの僧侶と共にキリスト教とユダヤ教のユニークなコラボレーションを発表します。 ドイツグラモフォンがミリオンセラー僧侶のユニークなキリスト教とユダヤ教のコラボレーションを発表 グレゴリオ聖歌アルバムが世界的ヒットとなってから7年後の今、ドイツグラモフォン(ユニバーサル・ミュージック社)がユニークなコラボレーションのミリオンセラー僧侶を披露 - ユダヤ教とキリスト教の信仰を融合する歴史的プロジェクト

ニュースレター